エアコンの悪臭の原因と対策

エアコンの嫌な臭いの原因
エアコンの嫌な臭いの原因の一つは、カビやタバコです。
エアコンは、部屋の空気を吸い込んで温度の調節をしています。
その時、エアコンはホコリやタバコの煙も一緒に吸い込んでしまいます。

また、エアコンを使うと結露が発生します。
結露によりホコリは湿気を一層帯びます。
そうすると更にホコリが付き易くなります。
この水分を含んだホコリが、カビを発生させる原因となります。

エアコンの嫌な臭いに対する対策
エアコンは、空気を吸い込めば吸い込むほど汚れます。
消臭スプレーでは臭いはなかなかとれません。
臭いの対策は、フィルターを定期的に洗浄することです。
臭いが酷い場合には、エアコンをクリーニングする専門業者に、
依頼しなければなりません。
しかし、このようなサービスは、一回当たり10,000円以上のコストがかかります。

エアコンの嫌な臭いを消すバイオ消臭剤
バクテリアは、水や土を浄化させるだけでなく、悪臭の元となる物質を、
二酸化炭素と水に分解します。
バクテリアを利用したバイオフューチャーのバイオ消臭剤だと、
長期間悪臭を防ぐことが出来ます。
バイオ消臭剤は、原料は全て天然素材なので、人やペットに全く害を与えずに、
エアコンの臭いを消します。
クリーニングをしても消えなかったエアコンのカビ臭が、
3日でなくなったという声も寄せられています。