消臭剤や芳香剤の種類とおすすめの選び方

消臭剤や芳香剤

 

昨今の世の中はとても悪臭に対して敏感であり、
レストランや厨房はもちろん、車内や家の中等、
人が過ごす空間は悪臭に対して気を遣わなければならなくなっています。

それに伴ってスプレータイプの無香消臭剤や置き型の芳香剤等、
様々な悪臭対策品をお店やCMで目にすることが増えてきました。

しかし全部おすすめされてもどれを選べばいいかわからない、
という人が多いのではないでしょうか。

そこでこの記事ではそれぞれ悪臭対策品の種類と特徴を解説し、
最後におすすめの無香のバイオ消臭剤バイオフューチャーのOE-1について紹介します。

消臭剤イメージ

 

悪臭対策の種類とその特徴

 

悪臭対策の方法は大きく分けると
「消臭」「脱臭」「防臭」「芳香」の4種類があります。
それぞれの特徴と種類について以下で説明していきたいと思います。

 

消臭剤とは

 

一番聞き馴染みがあるのがこの消臭剤だと思います。
「臭気を化学的、生物的作用等で除去又は緩和するもの」を
消臭剤と定義されています。

一般的には化学的作用による物が多く、
悪臭の原因物質に対して瞬時に化学反応で除去・緩和する為、
紹介する中では一番強い効果があります。

香りが付いているものもありますが、
最近では無香の消臭剤も人気が出ています。

一方で化学反応を利用する為特定の悪臭原因物質には強いものの、
それ以外の悪臭原因物質には効果が無い、
つまりペット用・台所用と用途によって消臭剤を用意しなければなりません。

また化学的な成分を使用している為、消臭効果が強い反面、
人体や環境に害がある物もあり、
赤ちゃんやペット周りでは使用する際には注意が必要です。

もう一種類の生物的作用を利用した消臭剤は微生物を利用した消臭剤で、
一般的には害が少なく、また微生物が反応する多くの場所で使用できます。

しかし生物が時間をかけて悪臭原因物質を分解する為、
即効性が無いことが多く瞬時には悪臭が消えないというデメリットもあります。

バイオフューチャーのバイオ消臭剤OE-1も
この生物的作用を活用した無香の消臭剤です。
下の方で詳しく説明するので是非ご覧になってください。

 

芳香剤とは

 

消臭剤という言葉の次によく聞く言葉が、
この「芳香剤」という言葉かもれしれません。

芳香剤とは「空間に芳香を付与もの」を意味します。

つまり悪臭が消えるわけではなく上から強い香りをつけ、
悪臭を隠すことしかできません。
更に臭いが混じり合ってより嫌な臭いになってしまうこともあります。

嫌な臭いを隠すために強い香りをつけているものも多いので、
自分以外の人が嗅ぐこともある場所では注意が必要です。

芳香剤イメージ

 

防臭剤とは

 

防臭剤とは「臭気を他の香り等マスキングするもの」を指します。

芳香剤と同じく悪臭が消えるわけではなく強い香り等で包み隠すだけ、
香りは人により好みがあり、悪臭と混じる可能性もある、という点には注意です。

芳香剤と意味合いは似ていますが、
防臭剤は悪臭を隠す目的のものを指し、
芳香剤は目的に限らず芳香を空間に付与するものを指します。

 

脱臭剤とは

 

「臭気を物理的作用等で除去又は緩和するもの」を
脱臭剤と定義づけられています。

置き型の活性炭などはよく耳にすることがある人気の脱臭剤です。

無香のものが多く、多種類の臭い原因物質を吸着することが比較的でき、
環境や身体に悪いものも少ないというメリットがあります。

その一方で吸着するには悪臭原因物質と接触しなければならないので、
効果範囲が比較的狭く、また吸着できる容量も小さいため、
効果を実感しにくいことがあります。

脱臭剤イメージ

 

消臭剤のおすすめの選び方

 

これだけの悪臭に対策の種類があり、また多くの人気商品があるので、
どれを選べばいいかわからないという方もいるかもしれません。

ここで選び方のおすすめポイントの一例を紹介するので、
商品を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

 

まずは臭いの原因を取り除く

 

悪臭の対策をしたい時はまず「原因を取り除く」ことがおすすめです。

原因を取り除かない限り臭いを発し続けてしまいますし、
悪臭の上から強い香りを付与しても混ざってより不快に感じでしまいます。

まずは悪臭の原因を捨てる、拭き取る、洗濯する、等をできる場合は行い、
その後残った臭いを消臭剤で除去するのがおすすめです。

悪臭拭き取り

 

使う場所・目的で選ぶ

 

臭い対策の方法を紹介しましたが、それぞれ長所短所があります。
その長所短所を理解し目的に合った方法で使用することで効果を発揮します。

臭いを除去する為の消臭剤はスプレータイプの物を使用することで、
悪臭の原因となる箇所にピンポイントで使用できるためおすすめです。

化学的な消臭剤を使用する際には目的に合った消臭剤を使用しないと
効果が出にくい場合があるので選ぶ際には気を付けてください。

靴箱や冷蔵庫等、臭いがこもる狭い場所では活性炭などの
脱臭剤もおすすめです。

車内や部屋といった空間に香りを付与したい時は芳香剤を使用しますが、
人によって好みが異なり、様々なにおいが混ざると悪臭になってしまうため、
香りが強いものを選ぶ際には注意して選ぶことをおすすめします。

 

安全性で選ぶ

 

消臭剤や芳香剤は多くの商品が化学的な物質を使用しています

安全と謳っているものでも、
使用している物質が定められた基準値内に収まっているものの、
物質自体人体に悪影響を及ぼす物質、という商品も多数あります。

特にペット周り、赤ちゃん周り、介護施設等では、
人体や環境に安全な消臭剤を選ぶことを強くおすすめします。

バイオフューチャーのバイオ消臭剤OE-1は無香で、
安心・安全なバイオを使用しているのでどのような場所でも
安心して使用していただけます。

ペットと赤ちゃん

 

おすすめ!バイオ消臭剤OE-1

 

バイオフューチャーのバイオ消臭剤OE-1は、
安心・安全のバイオを成分とした無香のバイオ消臭剤です。

「バイオ」と聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、
納豆菌と同程度の安全な土壌由来の菌を使用しているので、
ペット周りや赤ちゃん周りでも安心して使用していただけます。

「バイオが臭いの原因を元から分解する」という点が特徴で、
元から分解してしまうので悪臭原因物質が再度付着するまで、
臭いが再発することがありません。

 

無香で安心・安全、臭いを元から分解する強力な消臭剤ですが
唯一(?)の欠点として即効性だけはありません。

バイオが時間をかけて臭いの元を分解していくため、
数時間から半日程度時間がかかってしまいます。

その分効果もしっかりあるので、
車の中やペットがおしっこしてしまったカーペット、
焼肉後のスーツや人間臭が染み付いた枕や布団等、
様々な場所で活躍するおすすめの商品です。
無香のため強い香りで嫌な気分になることもありません。
バイオフューチャーのオンラインショップからも購入できるので、
購入をご検討されている方はこちらのオンラインショップからどうぞ。

バイオ消臭剤OE-1