アスファルトへのオイル漏れ・油漏れした際の対処と処理について

油漏れをしたらどういたらいいか

 

例えばトラックからアスファルトにオイルが漏れてしまったとして、
その際にどう対処したらいいのかご存知でしょうか。

このような事態は滅多に起こることではないので、
知らなかったとしても決しておかしなことではありません。

以前の記事でも同じことを述べていますが、
一番簡単な対処方法は「バイオフューチャーに連絡を!」です。

油漏れ・オイル漏れのお問い合わせを日常的に頂いており、
油漏れ・オイル漏れの対処や処理方法を現場に応じてご提案いたします。

またバイオフューチャーは油漏れ・オイル漏れに関しましては、
掃除の業者として作業を行うこともできますのでお気軽にご相談ください。

油漏れ・オイル漏れに関してのご相談はお電話いただくか、
お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

お問い合わせバナー 

TEL:03-5272-1678
お問い合わせフォーム:https://www.biofuturejapan.com/wpbio/contact

この記事では油やオイルがアスファルトに漏れた際の影響や、
バイオフューチャーが過去にご相談いただいた
アスファルトへの油漏れ・オイル漏れの事例を挙げ、
そこで実際に行った掃除や対処方法をご紹介します。

 

大阪支店バナー

 

 

アスファルトに油漏れ・オイル漏れした際の悪影響

 

まずはアスファルトに限らず油漏れ・オイル漏れの一般論の話をすると、
漏れた油が地中へ浸透し地下水に到達したり、側溝へ入りこんでしまうと、
水と一緒に油膜という痕跡を残しながら川や海に広がっていきます。

油が広がれば広がるほど浄化しなければならない箇所も増えていきます。

また汚染した先で漁業や農業を行っていた方がそれをできなくなってしまった場合、
その分の賠償が発生してしまう可能性もあります。

事前に油漏れ・オイル漏れ対策の準備をし拡散前に抑えられないと、
数百万、数千万規模の賠償金になってしまうこともあります。

またアスファルトに油漏れ・オイル漏れが起きた場合、
早めに漏れた油を回収しないとアスファルトに油が溶けることがあります。

アスファルトには元々油が含まれており、
親和性の高い漏れた油がアスファルトの油に溶けこんでしまい、
元々しっかり結合していたアスファルトがゆるくなってしまいます。

これによりその部分のアスファルトが沈下したり劣化しボロボロになってしまいます。

またアスファルトとオイルは馴染みやすいので、
早く対処しないとオイル染みが非常にできやすいです。

以上のことから、アスファルトへの油漏れ・オイル漏れが起きた際には、
早めに対処することをおすすめします。

 

アスファルト 油漏れ

 

 

アスファルトにトラックから燃料漏れした現場【case1】

 

駐車場に駐車していたトラックからホースの整備不良が原因で
数リットルの燃料漏れしてしまった現場です。

アスファルトへの油漏れが起きた翌日にバイオフューチャーへ連絡を頂き、
その時点では最優先で行うべきである流出源を止めることはできていました。

またこぼれた油に対して砂を撒いていた状態でした。

 

駐車場油漏れ

 

 

①アスファルトに漏れた油の拡散を防止する

 

アスファルト漏れた燃料が車に踏まれて汚れが広がったり、
雨等の水に乗って拡散してしまわないように対処します。

燃料漏れして汚れたアスファルトのまわりにパイロンとバーを設置し、
車が侵入できないようにしました。

また側溝にセルフェンスを設置して雨が降っても漏れた燃料が
拡散しないようにしました。

上でも述べたように拡散防止の対処を怠ると、
汚染の被害が一気に拡大し浄化の規模が大きく増えてしまうこともあるので、
油漏れ・オイル漏れの拡散防止の対処は早い段階で必ず行いましょう。

 

セルフェンス

 

 

アスファルトに染み込んだ油を浮かび上がらせる

 

アスファルトに漏れた油は時間の経過とともに、
アスファルトの中に溶け染み込んでいきます。

そのアスファルトに染み込んだ油を少しでも浮かび上がらせる為に、
油の剥離が得意な「アルカリ洗浄剤バイオエクセレント」を噴霧しました。

その後10分間放置することでアスファルトに染み込んだ油を浮かび上がらせます。

 

バイオエクセレント

 

 

アスファルトに漏れた油を回収する

 

アスファルトに漏れた油に対して油吸着分解剤オイルゲーターを撒き、
油と接触する為にデッキブラシでゴシゴシ擦ります。

油吸着分解剤オイルゲーターは粉状の油吸着分解剤で、
油と接触することで瞬時に内部に油を取り込みます。

粉状で細かいのでアスファルトの凹凸に入り込んだ油も、
接触させすればしっかり吸着するので念入りに擦ります。

オイルゲーターは天然成分でできていますし、
取り込んだ油もバイオの力で分解されるのでその場に放置していてもいいのですが、
駐車場ということもあり掃除機や箒で回収しました。

 

油吸着分解剤オイルゲーター

 

オイルゲーターバナー

 

 

アスファルトに漏れた油に対して鉱物油分解菌を噴霧する

 

オイルゲーターを撒き油を回収したことで表面の油は回収したので、
雨が降っても油膜(虹のようなもの)も出ませんが、
さらなる油処理方法として鉱物油分解菌の液体バイオHCを噴霧しました。

アスファルトに油が漏れた範囲に噴霧器で満遍なく噴霧します。
こちらも油を接触したバイオが時間をかけて油を分解します。

 

アスファルトに漏れた油処理作業完了とその後

 

以上の油処理を行い、浄化作業完了です。

オイルゲーターだけでなくバイオエクセレントや液体バイオHC使用し、
しっかりと油処理を行いましたが、
やはりアスファルトに油染みは少し残ってしまいました。

アスファルトに溶けて染み込んでできた油染みは落とすのは難しいので、
アスファルトに溶ける前に、早めに対処を行うことが重要です。

 

アスファルトに重機からオイル漏れした現場

 

経年劣化が原因で重機からアスファルトにオイル漏れしてしまった現場です。

この現場も連絡があった時点で原因箇所を見つけ、
流出は止まっている状態でした。

アスファルトに重機からオイル漏れが起きてから、
1週間程度経ってからバイオフューチャーへ連絡をいただきました。

上でご紹介した現場とほぼ同じ流れですが、
この現場で行った油処理作業をご紹介します。

 

重機 油漏れ

 

 

油の拡散を防止する

 

アスファルトに漏れたオイルが雨や水に乗って拡散するのを防止するため、
側溝や用水路にセルフェンスを設置しました。

この処理を怠ると雨が降った際に一気に汚染が拡大し、
川や海にまで油が広がってしまう可能性があるので必ず行いましょう。

 

セルフェンス

 

 

アスファルトに漏れたオイルの回収

 

アスファルトに漏れた重機のオイルを回収するために、
油吸着分解剤オイルゲーターを撒きました。

上でも説明しましたがオイルゲーターは粉状の油吸着分解剤で、
漏れたオイルと接触することでアスファルトの細かい凹凸に入り込んだ
オイルもしっかり吸着します。

漏れたオイルとオイルゲーターを接触する為に、
アスファルトに撒いたオイルゲーターをデッキブラシでゴシゴシ擦りました。

アスファルトに漏れたオイルと接触ししっかりと吸着したら、
ほうきや掃除機で回収して作業完了です。

 

オイルゲーター使用例

 

 

アスファルトへのオイル漏れ処理作業完了とその後

 

以上でオイル漏れの処理作業は完了です。

この現場でもアスファルトのオイル染みは薄くなったものの、
少し残ってしまいました。

やはり一度アスファルトにオイルが漏れて溶けてできたオイル染みは、
落とすのが難しいので早めに油処理の作業を行うことが大切です。

 

アスファルトに油漏れ・オイル漏れした際には素早い対応を

 

繰り返しの説明になってしまいますが、
アスファルトに油漏れ・オイル漏れをすると油やオイルがアスファルトに溶け、
時間経過と共にアスファルトを劣化させたりオイル染みができてしまいます。

事前にオイルゲーターのような油吸着材等の油漏れ対策品を用意しておくと、
油漏れ・オイル漏れの事故が起こった際にすぐに対応ができ、
被害が最小限に抑えられ費用もとても少なく済みます。

トラックや重機等は普段の整備で事故を未然に防ぐのはもちろんですが、
万が一事故が起きた際の対策品を用意しておくことも強くおすすめします。

 

アスファルトへのオイル漏れの掃除業者に迷ったらバイオフューチャーへ!

 

いざアスファルトへオイル漏れが起きてしまった際には、
自分で浄化・掃除の作業をするのは経験も無く難しいかもしれません。

そこでアスファルトに限らずですがオイル漏れの掃除業者をお探しの際には、
バイオフューチャーへご連絡ください。

バイオフューチャーは油吸着材等の油漏れ・オイル漏れの対策品はもちろん、
現場に応じた掃除の方法のご提案や掃除作業も行っています。

油漏れ・オイル漏れにお困りの際には
お気軽にバイオフューチャーへご連絡ください!

 

お問い合わせバナー