コンクリートへの油漏れ・オイル漏れした際の対処と処理について

油漏れを起こしたらどういたらいいか

 

最近よくバイオフューチャーの元へ、
「コンクリートへ油漏れ・オイル漏れが起きたがどうしたらいいか」
というご連絡をいただきます。

過去の記事でも述べていることですが、
油漏れ・オイル漏れは滅多に起こることではなく、
対処方法があまり頭に入っていない、というのは仕方がないことです。

これも繰り返しになりますが一番簡単な方法は、
「バイオフューチャーへご連絡ください!」ということです。

コンクリートへの油漏れ・オイル漏れのご相談は、
こちらの電話番号(03-5272-1678)か、
お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

お問い合わせバナー

 

バイオフューチャーは油漏れ・オイル漏れの浄化を数多く行ってきており、
現場やご希望に沿った対処方法をバイオのプロがご提案いたします。

 

大阪支店バナー

 

またこの記事では過去にバイオフューチャーにご連絡いただき
処理作業を行ったコンクリートへの油漏れ・オイル漏れの現場事例を紹介します。

 

コンクリートへ油漏れ・オイル漏れが起きた際の影響

 

事例を紹介する前に、コンクリートへの油漏れ・オイル漏れが起き対処しないと、
何が起こるのかを説明していきたいと思います。

まず一つ挙げられるのはこぼれた油を放置すると、
じわじわ広がったり雨に流されることで汚染がどんどん広がってしまいます。

油が用水路や側溝等に入り川に到達すると海にも広がり、
そこから一気に汚染が拡大していきます。

 

油漏れイメージ

 

汚染が拡大すると浄化する場所が増えるだけでなく、
周辺で生活する人々への賠償も大きくなっていく可能性があります。

またコンクリートへ油が漏れると早めに対処しなければ
コンクリートへ油が染み込み、油染みができてしまいます。

油やコンクリートの種類にもよりますが、
コンクリートが劣化する可能性もあるのでやはり早く対処しなければなりません。

いずれの悪影響もこぼれた直後に正しい対処をしておけば、
被害を小さくすることができるので、
日頃から万が一の事故に備えておくことが非常に大切です。

 

駐車場のコンクリートへ車のオイルが漏れた現場【case1】

 

とある駐車場で車のエンジンオイルがコンクリートへ漏れてしまった現場です。

オイルが漏れた直後にバイオフューチャーへ連絡をいただき、
その時点で最優先で行うべき「流出源を特定し流出は止める」ということは
既に行っていた状態でした。

当日のうちに赴いて行った浄化方法・対処をご紹介します。

 

①油の拡散を防止する

 

この駐車場の目の前に側溝があり、
ここに油が流れてしまうと油が一気に広がってしまう危険性があるため、
側溝にセルフェンスを設置しました。

油漏れ・オイル漏れの拡散の防止は早い段階で行うことが重要です。

セルフェンス

 

②コンクリートに染み込んだオイルを浮き上がらせる

 

コンクリートへオイルがこぼれてから時間があまり経っていなかったものの、
コンクリートへオイルが染み込んでいるオイルを除去する為に、
油剥離能力が高い洗浄剤バイオエクセレントを噴霧しました。

その後効果をより出すために10〜20分程放置することで、
染み込んだオイルを浮き上がらせ除去しやすくします。

 

 

 

③コンクリートへこぼれたオイルの回収

 

コンクリートへ染み込んだオイルを浮かび上がらせた後を、
コンクリートの表面に残っている油と共に回収します。

こぼれたオイルに対して油吸着分解剤オイルゲーターを撒布します。
オイルゲーターは粉状の油吸着分解剤で、オイルと接触することで、
オイルを内部に取り込みます。

油吸着分解剤オイルゲーター
油吸着分解剤オイルゲーターバナー

 

接触させることが重要なのでオイルゲーターを撒布した後は、
デッキブラシ等でゴシゴシこすることで、
コンクリートの細かい凹凸に入り込んだオイルも吸着します。

オイルゲーターとオイルを接触させた後、
オイルゲーターをほうきや掃除機で回収します。

オイルゲーターは天然成分でできており中のオイルも分解しますし、
一度吸着したオイルは濡れたりしても再溶出しないので放置してもいいのですが、
駐車場のコンクリートということで回収をしました。

 

コンクリートに漏れたオイル除去完了とその後

 

コンクリートに漏れたオイルに対して使用したオイルゲーターを回収した後は、
そこから油臭も油膜もすっかりなくなりました。

コンクリートにオイル染みも無く、無事油除去の完了です。

 

物流拠点でトラックからコンクリートへ燃料が漏れた現場【case2】

 

次の事例はとある物流拠点で、トラックから燃料が漏れてしまった現場です。
燃料が漏れてから数日経ってからご連絡をいただきました。

この現場で行った油除去の作業をご紹介します。

 

コンクリート油漏れイメージ

 

 

①油の拡散を防止する

 

物流拠点内でもあまり通らない場所でしたが、
漏れた燃料の上を車が通り汚染が広がらないようにカラーコーンで封鎖し、
車が入って来ないようにします。

また水に濡れて漏れたが広がってしまう可能性もあるので、
排水溝の近辺数か所にセルフェンスを設置しました。

 

セルフェンス

 

 

②漏れた燃料を回収する

 

ここでも漏れた燃料に対して油吸着分解剤オイルゲーターを撒きます。
漏れた燃料と粉状のオイルゲーターが接触することで燃料を吸着するので、
燃料による汚れが見える箇所に満遍なく撒布します。

撒いた後は燃料とオイルゲーターを接触させるため、
デッキブラシでゴシゴシ擦りました。

コンクリートに漏れた燃料とオイルゲーターを接触させたら、
掃除機やほうきでオイルゲーターを回収します。

回収したオイルゲーターはトラック会社の方が焼却処分を行いました。

1つ目の事例の際にも説明しましたが、
オイルゲーターは放っておいても自然に戻りますし油も分解しますが、
焼却処分も可能です。

油吸着分解剤オイルゲーター
油吸着分解剤オイルゲーターバナー

 

コンクリートに漏れた燃料の除去完了とその後

 

オイルゲーターを回収して、ここでのコンクリートの油除去作業は完了です。

コンクリートへ燃料がこぼれてしまってから数日間経っていたので、
コンクリートへオイル染みが残ってしまいました。

しかし油臭と油膜はすっかりなくなり、すぐに車が通れるようになりました。

 

コンクリートへ油漏れした際は素早い対応を!

 

コンクリートへ油漏れ・オイル漏れした際には、
どれだけ早く対応できるかによって被害や対処の大きさが変わってきます。

逆にコンクリートに油が染み込んだり油が拡散してしまう前に、
油吸着材等で早めに回収できれば被害は非常に小さく抑えられます。

油や車を扱う方は普段から非常時に備えて、
緊急時の備えを怠らないことを強くおすすめします。

バイオフューチャーには持ち運びや保管に便利なオイルゲーターの6kg缶、
緊急時の対策に必要な最低限の物をまとめたスピルキット等をご用意しております。

 

 

 

コンクリートへの油漏れが起きたらバイオフューチャーへ!

 

コンクリートへの油漏れ・オイル漏れにお困りの際や、
油漏れ・オイル漏れ対策をご検討の方はバイオフューチャーへご連絡ください。

バイオフューチャーではバイオによる油汚染の浄化を行っており、
現場や予算に合った提案をいたします。

油漏れ・オイル漏れ対策品の販売も行っていますし、
訪問可能な距離ならばバイオのプロが現場に赴き浄化作業を行うことも可能です。

油漏れ・オイル漏れにお困りの際はバイオフューチャーへ一度ご連絡ください!

 

お問い合わせバナー