工場での油漏れ対策と、当社お勧めの対策品「スピルキット」について紹介!

工場の油漏れ対策とおすすめのアイテムをご紹介

 

工場の油漏れ対策は充分にされていますか?

工場では様々な機械が使用されており、
日常的に作動していると燃料の機械油が漏れてしまうことがあります。

日常的に少量ずつ漏れているけれど、
ウエスを敷いているだけでびちゃびちゃになっても面倒で交換しない、
という工場もあるかと思います。

しかし放置していると大きなリスクがある為、
工場では必ず油漏れ対策をしなければなりません。

ここでは工場での油漏れが起きた際のリスクや油漏れ対策(対処)方法、
万が一の時に持っておくと安心の油漏れ対策キットを紹介します。

 

工場の機械

 

工場で油漏れした際のリスクについて

 

工場で油漏れたを起こした場合、
どのようなリスクが考えられるのでしょうか。

ここでは工場でこぼした場合に想定されるリスクについて紹介します。

 

工場周辺への悪影響や賠償の責任

 

工場から流出させてしまった際に最も大きいリスクが、
雨水等で流れて拡散し川や海にまで広がってしまうということです。

まず前提として漏れた油の浄化や周辺への賠償は、
こぼした人や企業(工場)が行わなければなりません。

工場から漏れてから対処が遅れ一度雨水等に乗って流れてしまうと、
油は一気に虹色の痕跡(油膜)を残しながらどんどん拡散していきます。

工場から流れ、やがて川に流れ海まで到達してしまうと、
浄化の範囲は非常に大きくなり、
またその周辺で生活や産業を行っている賠償の対象も増えていきます。

例えば農業や漁業を行っている箇所に汚染が広がってしまうと、
その方々の生活をこぼした工場が補償しなければならない可能性もあります。

つまり工場から漏れ、対処が遅れ汚染が拡大してしまうと、
莫大な金額と手間がかかってしまうリスクがあるということです。

工場で漏れが発生してからどれだけ早く油漏れ対策を行えるかが重要な為、
やはり工場に油漏れ対策キットを用意しておくことが重要と言えます。

 

工場 油の流出

 

 

工場で考えられるその他のリスク

 

工場で考えられるその他のリスクとして、火災が発生があります。
周辺に流出した場合と同様に、膨大な被害が発生するリスクがあります。

また大きな被害だけではなく、
工場の床面にこぼした場合、足を滑らせケガをする危険性もあります。

外部への流出だけでなく工場内での事故やケガの原因となり得るので、
工場でこぼしてしまった際には油漏れ対策キットなどで
しっかりと対処しなければなりません。

 

工場 床面の油で転倒

 

 

工場に備えておきたい油漏れ対策キット

 

工場に油漏れ対策キットがあると、万が一の時に迅速に対応する事ができます。

上記で説明したように工場で漏れを放置しておくと様々なリスクがあり、
逆に言うとどれだけ早く対処できるかが被害を抑える上で重要になってきます。

そこでバイオフューチャーのスピルキットのような、
油漏れ対策キットを工場に常備しておくことで有事の際に対応することができます。

油漏れ対策キットのスピルキットは、ボストンバッグサイズの袋の中に、
流出時の一次処理を行える対策用品が入った油漏れ対策キットで、
工場や重機やトラック等、油漏れの可能性がある場所に常備しておくことをお勧めします。

工場の油漏れ対策に最適な当社の商品、
「スピルキット」について詳しくご紹介します。

 

工場 油漏れ対策 スピルキット

 

スピルキットには
・床面や土壌にこぼれた際に活躍するオイルゲーター
・水面に油がこぼれた際に活躍するセルソーブ
・セルソーブをより使用しやすくマット状に加工したセルマット
・漏れた油の拡散を防止するセルマット
を中心とした、工場などの油漏れ対策に最適な製品が入っています。

具体的には以下の内容品が入っています。

内容品 用途 特徴

油吸着分解剤オイルゲーター
2.5kg × 2袋

スピルキットのオイルゲーター

 

床面・土壌にこぼれた油・オイルの吸着 こぼれた油・オイルに対して撒くと瞬時に吸着する粉状の油吸着分解剤です。吸着後は内部のバイオによって分解します。

油吸着材セルソーブ

500g × 1袋

油漏れ対策 スピルキットのセルソーブ

水面に浮いた油・オイルの吸着回収 浮上油に対して撒くと瞬時に吸着する綿状の油吸着材です。自重の約10倍程度の油を吸着します。

セルフェンス
Φ10 × 110cm × 2本

油漏れ対策 スピルキットのセルフェンス

油・オイルの拡散防止 細長いネット状の網にセルソーブが入っています。油・オイル漏れの拡散防止の為に設置します。

セルマット
W55cm × L38 × 厚み2 × 5枚

油漏れ対策 スピルキットのセルマット

油が漏れる箇所でのオイル受け・水面に浮いた油・オイルの吸着回収 不織布の中にセルソーブが入ったマット状の油吸着材です。セルソーブより回収が容易です。
対油用ゴミ袋 1組 作業時の手の保護  
保護用メガネ 1個 作業時の目の保護  
防塵マスク 2枚 作業時の鼻と口の保護  
回収用ゴミ袋 45L × 10枚 使用したオイルゲーターやセルソーブ等の廃棄用  

 

工場で油漏れが起きた際の対処方法

 

工場で油漏れが起きた実際の現場を例に、
ここでは油漏れ対策キットを使った具体的な対処方法について紹介します。

 

工場の床面に機械油漏れが起きているケース

 

工場の床面に油漏れが起きていた場合、
スピルキットにも入っているバイオフューチャーの油吸着分解剤オイルゲーターを
使用することで工場に漏れた機械油を吸着回収することができます。

粉状の油吸着分や解剤オイルゲーターを工場の漏れた箇所に撒き接触することで、
油をオイルゲーターの内部に瞬時に取り込み油膜や油臭を取り除きます。

吸着したあとは再溶出せず内部に含まれた微生物によって分解されますし、
オイルゲーター自体も天然成分でできているため産廃処理する必要がなく、
敷地内の土の上等に放置しておくことで処分することができます。

 

油漏れ対策 オイルゲーター
油漏れ対策 オイルゲーターバナー

 

工場内の水面に機械油漏れが起きているケース

 

工場内の水面に機械油が漏れ油膜を確認した場合は、
スピルキットにも入っている油吸着材セルソーブを使用することで、
すばやく吸着回収することができます。

綿状のセルソーブを水面の油に対して撒き接触することで、
セルソーブ内に瞬時に取り込むことができます。

セルソーブは古紙を再利用し水を吸わず油を吸うように特集加工した製品で、
環境にも非常に優しい製品になっています。

 

セルソーブ

 

工場の機械から機械油漏れが起きているケース

 

工場の機械からパーツの劣化や人的ミスで
機械油が日常的に少しずつ漏れ続けている、という現場から相談を受けることがあります。

そういった場所や工場で多く行われている対処方法が、
こぼれる箇所にウエスを敷いておくという方法です。

しかしウエスは吸着能力に優れておらず、
漏れた機械油を吸いきれずびちゃびちゃになっている、ことがよくあります。

このような対処を続けていると工場内やその敷地外に機械油が流出し、
これまでご紹介したリスクが発生してしまいます。

そこでスピルキットにも入っているバイオフューチャーのセルマットを使用すると、
ウエスに比べしっかり吸着するためびちゃびちゃになりにくく、
マット状になっているため取り扱いも簡単です。

セルマットは不織布の中に古紙を再利用・特集加工したセルソーブが入っているので、
ポリプロピレン等のマットに比べ環境に優しい製品です。

工場に常備する対策品として大変おすすめです。

 

セルマット

 

スピルキットのご注文・ご質問・お問い合わせについて

 

工場での油漏れ対策について、こぼした場合のリスクや対策方法、
そして工場にお勧めの当社の油漏れ対策キット「スピルキット」についてご紹介しました。

スピルキットは工場で起こる万が一の時に活躍するだけでなく、
環境にも優しいので工場に常備する油漏れ対策として大変おすすめです。

油漏れ対策キットであるスピルキットに関するお問い合わせは、
こちらのお問い合わせフォームからご連絡いただくか、
お電話:03-5272-1678にてご連絡ください。

またスピルキットだけでなく工場内での油漏れ事故や、
その他のオイルゲーターやセルソーブ等の対策品等に関するご相談も承っております。

流出事故の対応を多く行ってきたバイオのプロが、
皆様の現場やご要望に応じたご提案をいたします。

 

全国対応バナー