床タイルについた頑固な油汚れの落とし方をご紹介!

床タイルの油汚れの落とし方

床タイルの油汚れの落とし方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

一般家庭のキッチンや商業施設・飲食店の床には、 見栄えや耐久性がよく汚れも付きにくいタイルが使用されることがあります。

床タイルは頑丈で汚れがつきにくいとはいえ、 油を多く使う場では少なからず汚れがついてしまい、その油汚れを放置していると更に汚れが落ちにくくなります。

床タイルにこびりついた油汚れは、 洗剤をつけてブラシで擦るといった普通の落とし方ではなかなか落ちてはくれません。

この記事では頑固な床タイルの油汚れの落とし方や、染み込んでしまった油汚れの落とし方を紹介していきたいと思います。

床タイル 油汚れ 落とし方

 

床タイルの油汚れを放置したり正しい落とし方をしないとどうなる?

床タイルの油汚れの正しい落とし方を知っておく必要がある理由は、 「放っておくと悪臭を放つ」というのが大きな理由の一つです。

床タイルを清掃せずに放置するだけでなく、正しい落とし方をしていない場合にも悪臭は発生します。

一般家庭でも悪臭は問題になりますが、 飲食店や商業施設では床タイルの悪臭により人を不快にさせたり、不衛生に感じさせます。

正しい落とし方を知らずに放置、もしくは間違った落とし方をすると、悪臭によりお客さんが離れる大きな原因にもなるのです。

また、床タイルの油汚れを放置すると足を滑らせ転倒する原因にもなり得ます。

飲食店や商業施設では単にケガの原因となるだけではなく、 お客さんとのトラブルの原因にもなるので、やはり床タイルの汚れの正しい落とし方を把握した上でしっかり清掃する必要があります。

また、壁面の汚れとは異なり、床タイルの油汚れは正しい落とし方で清掃しなければ、そこを踏んでしまうことでどんどん汚れが拡散する可能性もあります。

 

床タイル 油汚れ 落とし方 汚れた床タイル

 

床タイルの頑固な油汚れの落とし方

床タイルの油汚れの一般的な落とし方は、キッチン周り用の洗剤をつけブラシ等でこする、という落とし方かと思われます。

しかしこびりついた油汚れは床タイルの細かい凹凸に入り込み固まっているので、 洗剤をつけて擦るだけの落とし方では床タイルの表面の汚れしか落とせません。

専門的な落とし方を知らずとも、業者に頼むことで床タイルの汚れを綺麗にすることはできます。

ただなるべく費用を抑えるために、自分たちでできる簡単な汚れの落とし方を知りたいという方もいるでしょう。

費用を抑えたい場合は、バイオフューチャーの洗浄剤バイオエクセレントを使用した、簡単な汚れの落とし方を試してみてはいかがでしょうか。

ここからは、バイオフューチャーの製品を使った床タイルの油汚れの落とし方をご紹介します。

アルカリ洗浄剤バイオエクセレントを使用した床タイルの油汚れの落とし方

ここでは、アルカリ洗浄剤バイオエクセレントを使用する場合の落とし方をご紹介します。

バイオフューチャーのアルカリ洗浄剤バイオエクセレントは、 オイルの剥離に特化した強力な洗浄剤です。

バイオエクセレントを使用した床タイルの汚れの落とし方は、まず原液を10〜20倍に希釈して床タイルの洗浄したい場所に撒布し、 ブラシで軽く擦り汚れと接触させ浸透させます。

その後10分程度放置することで床タイルにこびりついた油を浮かび上がらせることができます。

汚れを浮かび上がらせた後は、床タイルの細かい凹凸に入り込んだ汚れを再度ブラシで擦り綺麗に取り除いていきます。

最後に拭き取ったり水で流すことによって、床タイルの油汚れを綺麗に落とすことができます。

とても簡単な落とし方なので、専門業者を呼ぶ必要はありません。

この汚れの落とし方で使用するのは強力なアルカリ洗浄剤ですが、生分解性で環境に優しい洗浄剤ですので、 みなさんの身近な商業施設や飲食店の清掃でご愛用いただいています。

落とし方で注意が必要な点として、場合によっては床タイルの塗装が剝がれてしまうことがあるので、 十分注意し確認してから行ってください。

また。今回ご紹介した汚れの落とし方に使用した洗浄剤は、床タイルの普通の汚れや頑固な油汚れを落とすことが得意な洗浄剤です。

頑固な他の成分による汚れ(固まってしまったミネラルやカビ)に対しては、このような落とし方では十分な効果を発揮しない場合がある点もご注意ください。

床タイル 油汚れ 落とし方 バイオエクセレント

 

床タイルの油汚れが染みになってしまっている場合の落とし方

床タイルや目地の油汚れが染みになってしまっている場合は様々な落とし方がありますが、 完全に除去することは難しいです。

ただ、落とし方によっては床タイルの染みを薄くすることができる場合もあります。

今回ご紹介するのは、バイオエクセレントとオイルゲーターを使用した床タイルの染みの落とし方です。

床タイルの染みの落とし方は、まず通常の床タイルの油汚れ同様に洗浄剤バイオエクセレントを10倍に希釈し染みに撒布し、 ブラシで擦って10分程度放置して汚れを浮かび上がらせます。

その後、浮かび上がった床タイルの汚れを吸着分解剤オイルゲーターを撒き擦り、最後も同じく拭き取ったり水で流します。

このような落とし方で、何度か繰り返すことで床タイルの染みを落として薄くすることができる可能性があります。

油吸着分解剤オイルゲーターの汚れの落とし方の原理は、まず粉状の分解剤が油と接触することで瞬時に内部に取り込みます。

そして中に含まれた天然の微生物が吸着したオイルを水と二酸化炭素に分解してくれるのです。

この床タイルの落とし方で使用されるオイルゲーターも天然成分でできています。

環境に優しい製品で化学的な製品を使った落とし方とは異なり、床タイルを痛めることはありません。

誰にでも簡単にできる落とし方ですので、ぜひ試してみてください。

 

油吸着分解剤オイルゲーターバナー

 

 

床タイルの油汚れや染みの落とし方にお困りの際はバイオフューチャーへ

床タイルについた油汚れに対し、正しい落とし方をせず放置した際の悪影響や、 その床タイルの油汚れの落とし方を紹介しました。

床タイルの油汚れ・染みに対しては落とし方を解説した際にご紹介した、バイオフューチャーのバイオエクセレントやオイルゲーターが活躍します。

床タイルの汚れの落とし方や落とせるものをお探しの方は、バイオエクセレントやオイルゲーターを使用してみてください。

バイオエクセレントやオイルゲーターに関するお問い合わせや、床タイルの油汚れの落とし方にお困り方はぜひバイオフューチャーへご連絡ください。

 

お問い合わせバナー

 

全国対応バナー