生ごみの嫌なニオイの 原因と対策

生ごみの嫌な匂い(におい)の原因

生ごみが匂うようになるのは、酸素のない状態を好む嫌気性微生物が
活動を始める為だと言われています。
嫌気性微生物は生ごみを分解する際さまざまな悪臭や有害な物質を発生させます。
これが匂いの原因となります。
我々は、よく水分を含んだ状態の生ごみをプラスティック製の袋に密閉して保管しますが、
そうした環境は嫌気性微生物の活動を活発化させます。
この嫌気性微生物の活動=腐敗を抑えることができれば、生ごみからの匂いの発生を減らす事が
可能になるのです。
生ごみの嫌な匂い(におい)の対策

生ごみの嫌な匂いを抑える為には、まずごみの量を減らすという方法があります。
ごみの回収日ごとに毎回出せば、ニオイ対策になります。
次に対策として有効なのは、生ごみの腐敗を促す水分を減らす事です。
最も盛んに行われている方法としては、新聞紙を活用する方法で
料理などで出た野菜などの生ごみをそのまま新聞に包みます。
こうする事で新聞紙が生ごみの水分を吸収し腐りづらくなり、
さらには新聞紙のインクの消臭効果でにおいを抑える事も出来るのです。
水分と共に生ごみを腐らせる原因となるのが温度です。
保管場所が高温になりやすい場所だと生ごみは腐りやすくなります。
生ごみの保管は基本的に日の当たらない場所にしましょう。
また、徹底している家庭では生ごみを冷蔵庫や冷凍庫で保管しているというところも
あるようです。

バイオフューチャーの無害・無臭のバクテリアを利用したバイオ消臭剤は
こうした生ごみの嫌な匂いにも効果的です。
今回紹介したさまざまな対策と一緒に試してみてはいかがでしょうか?