理念

―我々はこの仕事に情熱を掛けている。―

名は体を表す。当社バイオフューチャーはバイオの専門です。
環境の浄化技術のベースをバイオテクノロジーに置き、そのめざすところは、人類が抱える環境問題を解決し、未来につなげること。環境バイオは、地球創世記と現代を融合する技術です。
40億年前地上に現れ、生き続けるミクロサイズのバクテリア。それらを活用して、今日我々が抱えている水・土・空気の汚染を浄化する仕事。
自然を肌で感じながら、汚れていく地球を本来の状態へと戻していきます。
いくら変化が激しかろうとも、時代の流れが早かろうとも、自然が支えてくれる安息は永遠です、我々は自然を守るもの~nature keeper~として、感動を与え続けるモノやサービスを提供していきます。

会社概要

社 名
有限会社 バイオフューチャー
BioFuture,Inc
東京本社
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-9-37 フラットワセダ101
TEL : 03-5272-1678
FAX : 03-5272-1679
E-mail : bfitokyo@biofuturejapan.com

代表 吉岡克祥

大阪支店
〒531-0041
大阪市北区天神橋8-14-23
TEL : 06-6357-1500
FAX : 06-6354-1900
E-mail : kaneko@bfi-osaka.com
http://www.bfi-osaka.com/
支店長 金子正博
設 立
1995 年6 月22日
事業内容
環境バイオ商品の輸入製造販売
米国企業と提携
カスタム社他2社の日本総代理店
役 員
代表取締役 吉岡克祥
社員数
6 名(他、準社員・パート)
技術顧問
Dr . Baugh
取引銀行
三菱東京UFJ 銀行/武蔵境駅前支店・渋谷明治通支店
主仕入先
カスタム・プロダクト・エコロジカル・東洋エアゾール工業(株)
主販売・使用先
出光興産・リードテック・小松製作所・東京電力・JR西日本・イオングループ・JFEスチール・NTT・古河電気工業・ユニバース開発・リバー産業・アクアケミカル・クラカン・日本通商・シバタ・日本鋪道・日本たばこ・富士ゼロックス etc

アクセスマップ

東京本社
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-9-37 フラットワセダ101
TEL/03-5272-1678 FAX/03-5272-1679

・東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩10分

・早稲田大学 大隈講堂より徒歩1分

大きな地図で見る

有資格者一覧

環境管理士
【日本環境管理協会(環境大臣登録認定事業)】
6名
土壌環境リスク管理者
【社団法人 土壌環境センター】
1名
土壌環境保全士
【社団法人 土壌環境センター】
2名
高所作業車(2m~10m未満)
3名
小型車両系建機(整地用3t未満)
2名
中級バイオ技術者
2名
危険物取扱者乙種全種
2名
有機溶剤作業主任者
3名
特定化学物質等作業主任者
1名
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者
1名
酸素欠乏等危険作業者
3名
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
2名
石綿作業主任者
2名
ガス溶接技能
2名
レーダー無線技士
1名
特殊無線従事者甲種
1名
特殊無線従事者2級
1名
小型船舶操縦1級
2名
潜水士
1名