グリーストラップとは

グリーストラップとは、飲食店の厨房等に設置が義務付けられている、油が下水に流れるのを防ぐための装置です。受けカゴと3つの槽からなり、水と油の比重差を利用し水だけを下水へ流す役割を持っています。
 基本的には受けカゴは毎日、浮かせた油は週に2,3回程度、沈殿した底汚泥も月に1回程度の頻度での掃除が必要です。しかしグリーストラップの掃除は大変であり、業者に頼むと1回数万円の高い代金がかかるということで、疎かにしてしまう人も多いのが現状です。

グリーストラップ管理を怠ると…

  • ①排管詰まり
    油や生ごみが排管へ流れ出て、排管を詰まらせる原因になります。排管が詰まってしまうと高額な清掃コストがかかる上に、行政指導が入ることもあります。
  • ②悪臭の発生
     生ごみや油脂の嫌な臭いや腐敗臭が複合しとても強い異臭がしてしまいます。衛生上良くないということはもちろん、嫌な臭いは厨房内にとどまらず客席や店外までも漂い、お客さんからの評判やお店の信頼が著しく失われる可能性があります。
  • ③害虫の発生
     飲食店は清潔感が命です。ゴキブリやハエ等の害虫が発生してしまうと、お店の信頼やイメージが損なわれます。また衛生管理の問題も発生してしまいます。

バイオによるグリーストラップの管理

モップアンドトリート

■効果
バクテリアによるグリーストラップ内の消臭。水面に浮いた油脂や、沈殿した汚泥も微生物が分解します。
排管にこびりついた油や食物残渣の分解。
■使い方
①10リットル程度の水に溶かし、床掃除後にリンスとして撒いてください。バクテリアが目に見えない油脂や食べカスを分解しながら、グリーストラップに行き届きます。
②お忙しい時は、1錠をシンクの排水口に入れ、1分程度水を流してください。排管を通りバクテリアがグリーストラップに入ります。

セルソーブプラス

■効果
天然素材でできた環境に優しい油吸着材。水を弾き油のみを吸着します。
バクテリアをプラスしていて、バクテリアの一部がグリーストラップの底汚泥や油脂・悪臭を分解します。
■使い方
①グリーストラップにセルソーブプラスを撒き浮上油と接触させます。
②油を吸着したセルソーブプラスを金網ですくい取ります。
セルソーブの吸着実験

1.油の流出

2.ふりかける

3.かき集める

4.油吸着完了

いつも清潔なグリーストラップを

飲食店に於いて美味しくて良い物をお客様に提供することは大切ですが、同様にグリーストラップを綺麗にし排水やゴミを環境に戻すことも非常に重要です。 上でも述べたように、グリーストラップの管理を怠り異臭や排管詰まりを起こした際の、経済的・衛生的悪影響は甚大です。 日頃から日常的にグリーストラップの管理をし、常に清潔で安心なグリーストラップを保ちましょう。