空気清浄機の悪臭の原因と対策

空気清浄機の嫌な臭いの原因

空気清浄機は、空気中の臭いやホコリを吸い取って濾過しています。
その結果、部屋の空気がキレイに保たれています。

しかし、空気清浄機は吸い取った臭いやホコリは、
機械内のフィルターに一時的に保管されます。
それが嫌な臭いの原因になります。
空気清浄機の嫌な臭いに対する対策

フィルターは寿命を迎える前に、嫌な臭いを放つこともあります。
その場合は、定期的にフィルターを掃除する必要があります。

機種によっても違いますが、頻繁に使う場合は、
2~3ヶ月に1回くらい掃除をします。

フィルターの掃除は、市販の洗剤につけ置き洗いをしてします。
しかし、それでもフィルターに付いた臭いがなかなか取れない場合、
重曹を水に溶かして、30分くらいつけ置き洗いします。
つけ置き洗い後は、フィルターをよく洗います。
空気清浄機の嫌な臭いを消すバイオ消臭剤

バクテリアは、水や土を浄化させるだけでなく、悪臭の元となる物質を、
二酸化炭素と水に分解します。

バクテリアを利用したバイオフューチャーのバイオ消臭剤を使っても、
人やペットに全く害を与えずに、
空気清浄機の嫌な臭いを長期間防ぐことが出来ます。