トイレの嫌なニオイの 原因と対策

トイレの嫌な匂い(におい)の原因

トイレの匂いは大きく二つに別けることができます。
一つは使用した際に出る匂いです。
排泄物からはメタン等の匂いの元になるガスが出ます。
この匂いは、こまめに流すなどである程度抑えられます。
もう一つは尿石がたまった時の匂いです。尿石とは、
便器に付着した尿がカルシウムなどと結合してできる
石のようなアルカリ性の汚れです。
尿石はトイレ独特のアンモニア臭の元になります。
温水便座などの機能で便座を温めたままでいると、
尿石はたまりやすくなります。
また一度たまってしまうと石のように固まるため
取りづらいという特徴もあります。
トイレの嫌な匂い(におい)の対策

こうしたトイレの匂いの対策には、トイレを綺麗に保つ必要があります。
特に尿の汚れなどは放置して尿石になると
簡単には落ちにくくなってしまう為、汚れが付いたらすぐに
弱アルカリ性の洗剤などで落としましょう。
時間が少し経ってしまった場合は、濃いクエン酸水などで落とします。
尿石がたまりやすい場所としては、洋式便器の内側のへりの裏側、
便座のフタの付け根部分、便座と床の設置部分などがあります。
この他の匂いへの対策としては、芳香剤や消臭剤をトイレの高い位置に
置くといいでしょう。
汚れや雑菌から発せられる悪臭は上に上にあがり
天井付近で蓄積する傾向があるため、天井面から50センチ付近に
消臭スプレーを散布すると匂いが緩和されます。

バイオフューチャーの無害・無臭のバクテリアを利用したバイオ消臭剤なら
こうしたトイレの頑固な匂いにも、大きな効果を発揮します。
トイレの嫌な匂いでお困りの方、ぜひ一度お問い合わせください。