エアコンからする悪臭の原因と対策について

エアコンの悪臭の原因

 

夏や冬の始まり、久々にエアコンをつけると悪臭がする!
という経験したことありませんか?

エアコンはメンテナンスをせずに放置しておくと、
様々な原因から悪臭を発してしまいます。

それをそのまま使い続けると悪臭がエアコンの風に乗り、
部屋中に拡散され気分が悪くなってしまいます。

 

エアコン

 

ホコリ

 

まず臭いの原因として挙げられるのはホコリです。

エアコンのフィルターや内部には埃が溜まりやすく、
これが積み重なってホコリ臭として臭いの原因となることがあります。

フィルターは掃除機や水洗いで簡単に掃除ができますが
手の届かない内部にもホコリが溜まってしまうので注意が必要です。

またカビは後述するカビの温床となり得る為、
やはり掃除が必要です。

 

エアコンのホコリ

 

カビ

 

エアコンの悪臭の大きな原因となるのがカビです。

温度差によってエアコンの内部にできる結露や、
上で述べたホコリが原因となりカビが繁殖します。

エアコン内にカビが繁殖してしまうとカビ臭が発生してしまう上、
エアコンの風に乗って我々の元にやってきます。

カビの菌を吸い続けてしまうと鼻炎や喘息等の、
肺や呼吸器の病気に罹ってしまうこともあるので気を付けなければなりません。

 

エアコンのカビ

 

その他

 

普段エアコンの近くで料理をする場合は、
その料理や食材の臭いがエアコンに染み付いてしまうこともあります。

またエアコンの近くでタバコを吸う人も、
その煙の臭いがエアコンに染み付いてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

エアコンの悪臭の対策

 

それではエアコンの気になる臭いはどのように対策すればいいのか。
具体的な方法を紹介していきたいと思います。

 

フィルターの掃除

 

まず最初にすべきことはフィルターの掃除です。

定期的にフィルターの掃除をしている人は大丈夫ですが、
長い期間掃除をしていなかった場合はここにホコリが溜まっています。

ホコリが少ない場合は掃除機で軽く吸うだけでいいですが、
ホコリが溜まっている場合は取り外して水洗いしてしまいましょう。

 

エアコンフィルターの掃除

 

OE-1でカビ対策

 

バイオフューチャーのバイオ消臭剤OE-1はカビ臭に効果的です

エアコンの吹き出し口に5秒程度スプレーすれば、
目に見えない微生物の働きによってカビ臭を抑えることができます。
(東京都立産業技術研究センターにて効果確認済み)

人体・環境に優しいバイオを使用しているので、
風に乗り人体に付いたり口に入っても悪影響はありません。

しかしバイオ消臭剤OE-1には水が含まれているので、
機械部分の噴射には十分にお気を付けください。

バイオ消臭剤OE-1はカビ臭対策が認められ、
エアコンのメンテナンスのプロの業者さんにも使用して頂いています。

バイオ消臭剤OE-1について詳しくは、
こちらからご確認ください。
バイオ消臭剤OE-1商品ページ

 

 

最低温度で1時間運転(応急処置)

 

最近SNS等でも話題になっていた方法です。

最低温度で1時間運転するとエアコン内に結露が生じ、
その結露がエアコン内部のホコリやカビが流れる、という原理です。

一時的に臭いはおさまりますが再発したとの声もあるので、
あくまで一時的な臭い対策であり根本的に解決しているわけではありません。

 

どうしようもなかったら業者へ

 

エアコンの臭い対策をいくつか紹介しましたが、
この全てを行っても臭いが消えない場合もあるかもしれません。

その際はエアコンのメンテナンス業者へ連絡をしましょう。

素人では手の届かない部分や目に見えない部分まで、
専門の道具で徹底的に掃除を行ってくれます。

どうしてもエアコンの臭いが解決できない場合や、
自分でエアコンをいじるのが不安な方は業者の方にお願いをしましょう。

 

エアコンクリーニング業者

 

OE-1によるカビ臭低減の原理

 

それではなぜバイオ消臭剤OE-1がどのようにカビ臭を抑えるのかを、
説明していきたいと思います。

バイオ消臭剤OE-1は、悪臭の元をバイオが食べてしまう消臭剤ですが、
実はカビ臭の場合はカビを食べているわけではありません。

カビの餌となる水分や有機物をバイオが数倍のスピードで食べてしまうことで、
結果的にカビが活動できなくなり、カビ臭を抑えることができています。

バイオ消臭剤OE-1に含まれているバイオは人間や動物に優しい成分ですし、
異常に繁殖してしまう、ということも無いので安心して使えます。

都立産業技術研究センターでも某カビの効果が証明されています。

 

OE-1防カビ実験